忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



もりそば(290円)+ミニ天丼(200円)

何かと使い勝手の良い事から最近頻繁に訪れる西口ダイエーのフードコートで昼食を。
今日はもりそばにミニ天丼のセットを頂く。いつの間にか冷しメニューは終了していた。
まずはミニ天丼。小さな海老と薄いいも天が乗る。値段なりではあるが、やはりタレの沁みたご飯は美味い(笑)
こんもりと「塊」になったもりそば。解すのに難儀しながら食べ進む。どうやって作ってるんだか。
相変わらずこの十割蕎麦に関してはなかなか旨い。それ故に、やはりそれ以外の安っぽさが目立ってしまうのが残念で仕方ない。
御馳走様でした。(Wrote;H24.12.11)


冷したぬきそば(390円)

昨日。いや、別の用事で西口のダイエーに入ったのだが、入るや否や「十割そば」の幟を見つけ、すると以前あった「オレンジキッチン」がこの「こぜん」という蕎麦屋へと変わっていた。オープンから未だ新しいようであるが、もりそば290円、十分な路麺価格である。かくして本日、こちらで昼食を頂くに至った。
料金先払い、代金と引き換えに呼び出し機を受け取り、商品が出来上がるとブザーが鳴るという、ありふれたフードコートのスタイルである。ボロボロの呼び出し機は前のテナントか、もしくは他店の使い回しだろうか。求人情報を見ると前のテナントと同じくダイエー系の「オレンジフードコート」の経営のようである。
まず、麺であるが、十割そばらしい。Web上で知った情報としては、私の想像していた押し出し製麺では無く、他所で製麺したものを店で茹でているとか。昨日隣でたこ焼きを食べながら冷凍麺か押し出し製麺だろうと話していたがこれは外れた。
さすが十割だけあって、風味はしっかりとしていて悪くない。また、それならではのプッツリ感や固めの茹で加減も気になる程ではない。
具やつゆであるが、これらには麺ほどの情熱は注がれていないようだ。どれも凡庸な味覚である。
添えられたチューブの本わさび入り練りわさびであるが、これはなかなかに辛くていい。家で蕎麦を啜っている感覚である。
さすがに平日の日中となれば店内の大方を老人が占める。店にやって来る半数ほどは前テナントで売られていたラーメンやカレーを注文しようとしていた(苦笑)また、休日や夕方には学生客が多いが、果たしてうどんも無しに蕎麦を喰う者がどれほど居る事だろう。各種セットメニューから想定される家族層はどうも違う気がして、今後が心配になった。
DVC00106.JPG












ちなみに今だけなのか、冷しおろしだけは大盛り無料です。
御馳走様でした。(Wrote;H24.10.15)

このお店の地図
PR


 

日替わり和麺<山菜・そば>(340円)

久し振りに公共食堂を訪問。東神奈川にある神奈川区役所、食堂はその4階にある。
メニュー自体に特別珍しいものはなく、一般的な役所のレストランである。
そば・うどんに関しては「和麺」という括りで、日替わりのトッピングがなされるようだ。
食券を求めてカウンターにて注文。ほどなくして出来上がり。ちなみに栄養食という会社が受託営業している。偶然にも先日訪れた磯子区役所と同じようである。
麺は普通の冷凍麺。解凍の具合も特筆することはなく。あぁ、冷凍麺だなという感じ。
この日の日替わり具材である山菜はイマイチな仕上がり。
しかし、私はつゆに大きな衝撃を受けた。
凡そこうした食堂では珍しいほどのガツンとした力強く、しっかりと鰹の酸味まで感じられる。重ねて醤油の風味もしっかりと感じられるあたり、お近く東神奈川の駅そばをリスペクトしてるのかとも邪推してしまう。

09e632c7.jpeg













驚きの出会いに今日もお腹いっぱい、御馳走様でした。



ねぎとろ丼セット(550円)

三崎口駅の駅そばと言えば、過去にあったえきめんやが思い出される。小さな店と、お冷の入った薬缶。今は亡き思い出である。
さて、現在、三崎港や城ヶ島観光の玄関口であるここのえきめんやは様子が異なり、甘味やドリンクバーもあるためか「茶屋」を名乗る。そんな店頭で見つけたのは三崎直送を謳う「ねぎとろ丼」である。
概してこうした丼は雀の涙にも満たない程度のネギトロが盛られているものだが、ここはそうではなかった。たっぷり盛られた鮪に満足。
そうそう食べるものではないので、これがどう美味いのかを書く事は出来ない。しかしながら鮪の味と言うのはしっかりと分かり、そして当地へ来た気分も十分に味わえた。
蕎麦の方もまた量が多く、口の広い丼に目一杯入っている。ツルツルとした茹で麺は私好み。つゆは甘口。そういえばかつての店もこんな味だったような。
御馳走様でした。


春菊天そば(370円)

凍える寒さ(大袈裟)の朝の十日市場。私の心と身体を暖めるのは他でもない、あじさいの蕎麦である。
たま~に食べたくなる春菊天。どうやらここではかき揚げ同様店で揚げているようだ。
サクッと軽やかな葉先、滋味ある苦みの茎部分。春菊ならではの旨味である。
麺はしっかり湯通ししてあるのか、あじさい麺のあじさい麺たる特徴を消した、美味い茹で麺になっている。
以前にも少し触れたが、ここのつゆは近隣店舗とは違うらしい。甘味やコクがやや違和感を覚える。
ドロドロと油を吸った衣が溶けだし、先ほど述べた特徴も相まってやけにコクのあるつゆ。もはや私の知るあじさいとは少し様子が異なっていた。
御馳走様でした。(Wrote:H24.12.-5)


冷したぬきうどん(360円)

今日は思い出話を。
正真正銘、私の路麺の原点が、ここ十日市場・あじさい茶屋の冷したぬきうどんであった。
未だ小学五年生の時の事である。図書館帰りか何かによく喰っていた。
約6年の歳月が経った今日、食べてみての感動は思い出の他に無いけれど、いつも聴いていたAMラジオが流れていない事を除いて、そのすべてに変わりは無かった。
御馳走様でした。(Wrote;H24.-8.-9)
84bd56eb.jpeg












かき揚げそば(360円)

さて、新年最初に食した蕎麦は、十日市場の「あじさい茶屋」。
今まで書き続けて来た横浜線あじさいシリーズで横浜市内では最後に残った店。ここより先の長津田、町田等と紹介した割には十日市場が抜けていて・・・それは何故かといえば、今まで(写真をわざわざ撮り始める前から)散々よく食べてきた店だったからなのです。(近くに横浜市立緑図書館があり、そことセットでよく訪れていた。。。)
今日(1/3)はいつもより遅らしての9:00開店。昼少し前に入った店内は1人しかお客さんも居らず至って静か。
頂いたのは定番のかき揚げそば。出てきた蕎麦はつゆも麺も天ぷらも熱々だ。
麺は程良く柔らかく見事な加減。天ぷらも野菜の甘み・旨みが出ていて実に美味しい。ただ、つゆがちょっとしょっぱすぎる感じかなぁ。どっちにせよ、この系列でもかなりのクオリティ。
そういえば今日はラジオが掛かってないのが気になった。ここでニッポン放送を聞きながら啜るそばは小学生の頃からのちょっとした楽しみ(そういえばあの頃は未だ“かけそば”とか“ミニカレー”とかばかり)だったんだけれども。
雑談に興じるおばちゃん二人組だけれど、どこか温かみのある挨拶がいつも嬉しい。美味い天蕎麦で“立ち蕎麦初め”。今年もイイ事が沢山ありそうだ。。。
いつもご馳走様です。(Wrote;H23.-1.-3)

このお店の地図

◆コメントはブログタイトルクリックで書き込む事ができます。
↓拍手ボタン:もし宜しければワンクリック御願い致します↓


天ぷらそば<かき揚げ>(200円)※通常370円

24年11月21日、黄金町駅構内に"えきめんや"がオープンした。この界隈の同チェーンはどこもバリアフリー工事等で閉店して久しく、その点では待望の、と言えよう。
食べに行った開店当日とその翌日はかけそばが100円、という事で天ぷらを乗せて200円。概してトッピングクーポンの配布等が多い中、こうしたサービスを行うのは沿線柄であろうか。とかく貧乏学生には有難い。
かき揚げはザクリと衣の砕ける壮快な食感。オイリーで香ばしい。
つゆは驚くほど少ない。サービス期間の値段に反映させてか、それともオープニングのゴタゴタからか。ちょっと残念。
麺は茹で置きの生麺と思われる。啜り応えのあるいい蕎麦。茹で麺的なニュアンスを感じる。
5665aeb8.jpeg













この店、16時からは"えき缶酒場"に暖簾が変わる。最近流行りの路麺・立ち飲みの二毛作営業。
面白いのは缶詰を主に販売すること。コスト削減と手ごろさ、品揃えを狙ってのアイデアか、ちょっと気になるところではある。
御馳走様でした。
 


Dセット<明太子・昆布>(450円)

ついに我が食堂に相州そばが出店した・・・というのは明らかなウソであるが、持ち帰りによって、同様の事が実現した。。。
以前から数回、持ち帰りで買っていく客の姿を見た事はあったのだけれども、イザ自分が試してみるとなるとやや心配である。恐る恐る申し出ると普通にOKされ、注文をして間もなく、ビニル袋に入れ渡された。
まず、そばの方から。店で食べれば「もりそば」にわかめが乗り、つゆに天かすが入る状態だが、どうも「もり」は出来ないようだ。所謂冷したぬきそばの体である。店から近い事が功を奏し、イート・インと変わらぬ状態で頂く事が出来た。
おにぎりは別のパックに入っており、さらにご丁寧に漬物まで入れて下さってある。なんと芸の細かい事か!
出来合いの包装されたおにぎりをパッと手渡される店も多い中、柔らかな海苔のおにぎりは作って貰ったお弁当のような温かみさえも感じられる。
なかなかいいもんですな、To goも。


天ぷらそばセット<+いなり2個>(500円)

知人の希望で昼食に入った桜木町・川村屋。
そろそろ涼しくなってきたので温かいそばも頂きたい。選んだのはワンコインのセット。
いなり寿司は見慣れた長方形よりかは丸っこく、中には胡麻が入る。甘みが強い印象。
毎度食べておきながら書き忘れていたのだが、ここの天ぷらはなかなか大きい。数日前まで病床に伏していた身には持て余し気味であった。。。
そしてつゆは相変わらず出汁の香り強く美味い。また、茹で麺との相性もなかなかに良いようである。
御馳走様でした。(Wrote;H24.10.23)


冷し天ぷらそば(430円)

久し振りに訪れたこちら。いつも賑わっている印象だが昼時は尚更の混雑。
未だ食べた事の無かった冷やしそばを頂いた。ここでは「冷や天」と言うらしい。
カリッと揚がったかき揚げ。つゆを浸みこませると丁度食べやすい。
刻み海苔は私好み、コレとわさびをちょこっと付けてそばをすすると、これはこの時期ならではの清涼感。素晴らしい。
冷しに於いても変わらずの、出汁の効いた美味いつゆ。かといって濃すぎる事も無く飲みやすい。
御馳走様でした。
d8adc582.jpeg










たまたま食べた場所の目の前に、弊Blog記事を掲載してくださっていた。
酷い文体と偉そうな批評が実に恥ずかしい。
我が国は創業100年を超える企業が世界の中でも群を抜いて多いそうであるが、ここも御多分に洩れず112周年だそうで。これからも永く続いてほしいものである。(Wrote;H24.-8.11)

17ae13e5.jpeg










天ぷらそば(360円)

 JR桜木町駅改札口を出てすぐの所にある店舗。
 店外の「青汁あります」の大きな掲示が目を引く。
 乗降客の多い駅であり食べに入る客も多いながら会計は現金払い。入口を入ってすぐのあたりで注文を伝えて代金を支払う。メニューは店の外に大書されている。
 冷水をコップに注ぎ席に着くとすぐに出来上がり。「奥のほうがいくらか涼しいかもよ」時間帯的に空いていた為か、暑い真夏に天そばを食う私に店のおばちゃんがそう教えてくれた。
 見た目的にはよくある駅そばという雰囲気ではあるが、ここの長所といえばつゆにあるだろう。壁に向かったカウンターの前にも貼紙がされているが、「あっ!おつゆがいい香り 川村屋では天然のダシを使用しています。」なるほど、たしかにダシがよく効いているし、澄んだような雑味の無い味だ(貼紙を見たせいもほんの少しあるかもしれないがこれはホント)。麺に関しては特段として書くことは無いような感じの茹麺ではあるが、若干太めかな・・・。天ぷらについては、揚げたてでは無かったがしっかり揚げてあっていい感じだ。
 香りのよいつゆなのでつい殆ど飲み干してしまった。暑いけど、先ほどのアドバイスのお陰か汗だくにはなっていない。目の前の壁にはいろいろなメニューが張り出されているが、「鶏肉そば」というものが気になった。次回試してみることにしようか。
 各席のテーブルに取り付けられている敷き物など、全体的に新しくは無いながらもきれいに管理が行き届いてるというか、非常に好感の持てる雰囲気の店でした。ご馳走様です!!(Wrote;H22.-9.-9)

このお店の地図
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
24
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[03/03 bb]
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
最新トラックバック
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.