忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



相州セット「ミニカツカレー」<かけそば>(600円)

ちょいと久し振りに相州そばでランチ利用。今まで食べたことのなかった「相州セット」を頂いてみる。今日は“ミニカツカレー”おぉ、いいじゃん!!
食べなれたこの蕎麦について、今さら深く言及すまいが、それでもやはり美味しい。
太くコシのある、ぬらりとした長いそば。そして、ほどよくカエシ・出汁の調和の取れたつゆ。これが支店ではどうも上手くいかない(笑)
そしてカツカレー。Cセットでミニカレーはすでに頂いていたので、カレー自体の味はなんとなく記憶がある。んでも、記憶にあったよりもしっかり辛味があってイイネ。そして主役のカツ。このカツを食べてみて、カツ系メニューがやたらと高いという疑問が解決した。良い肉使いすぎなのである(笑)
立ち食いそばにして、そのレベルを超越したカツを用意することによって、“あくまでセットメニュー”から“主力商品の一部”にしようとしているのだろう。確かにこれは、大枚叩いて自慢のカツ丼を食べてみたくなってきた。ぜひ今度のサービスデーにでも・・・
御馳走様でした。
PR


磯のりそば(390円)

やや久し振りの相州そば。慣れ親しんだ味が恋しくなって、夕刻のオフィス街へと足を向ける。
今回は、冬のおすすめとして外にも掲示されている“磯のりそば”。
慣れた手つきで用意されたそばに、家によくある円筒状の密閉ケース(焼き海苔を入れてあるやつ)から大量のフレーク状になった海苔を振り掛けられ、表面のほとんどを翠の樹海で覆った状態で供された。
性格の曲がった私は、いきなりその森へ手を付けず、一旦そばを下から引き出して啜り、変わらない味をしっかりと確認。そしていよいよ磯海苔へと挑むのである。
表面のほうは、パリパリとした食感と香ばしさが、汁に浸かった下のほうは、シャキシャキとした生海苔に近い食感と、出汁と磯の香りとが混じった深みある味わいが、それぞれ楽しめる。
どうも私はごく幼少の頃から海苔が好きで、それは今でも変わらないのだが、これはきっと埋め立てる前の横浜根岸で、採れたての海苔を食べて育った祖父のDNAが受け継がれてるに違いない。
好物の海苔を目一杯食べる事が出来、ノリノリで店を後にした(さむっ・・・)
御馳走様でした。


Bセット冷しそば<もりそば+かき揚げ丼>(450円)

ある無謀な挑戦を前に、少し早めのランチを摂ろうといつもの相州そばへやって来た。
今回はかき揚げ丼のBセット。これでサービスセットの4つをコンプリートである。
まずはかき揚げ丼。カリッと揚がった天ぷらの香ばしさと野菜の甘み、濃いめのたれとご飯が実によく合う。もちろんかけそばに乗せてもイイのだけれども、こうしてご飯と食べても美味しい天ぷらだ。
そしてそば。シャキッとしたコシが変わらず美味い。この太く長い蕎麦をズルズルと啜る快感は、一度覚えてしまうとクセになる。そんな惹きつける麺である。
さて、今日も満腹で満足、9時間耐久カラオケ(笑)に向かうのであった。
御馳走様でしたー。


海老天そば(400円)※通常500円

年明け最初の訪問。というか、先週サービスデー告知のポスターを見たので、狙って行ったような感はある。
せっかくなので貧乏学生には少し手の届き辛い「海老天」が乗っかったそばを頂こう。
今日はまた随分と冷え込み、冬雲で閉ざされたスタジアム周辺はピリピリとした寒さで凍っていた。そんな天気のためか、海老天もまた、随分と衣の重ね着をしての登場。実際はこの半分ほどの海老だから、まるで十二単を彷彿とさせる。しかし、汁の浸みこんだ油っこい衣も、ちょっとしたスナック感覚で意外にも美味しい。
ヌルヌルとした喉越しの、長くコシのある麺は変わらず健在。甘みと鰹出汁の効いた力強いつゆをしっかり絡め取って口腔へ滑り込んだ。
ad79f98c.JPG













月イチ・平日限定のサービスを受けられる素晴らしい環境で学んでおります(笑)
御馳走様でした。


春菊天そば(400円)

今日も小腹を満たしに、小銭をポケットでジャラジャラ弄りながら市庁前を過ぎて住吉町へ。そういえば今日は来る途中に顔見知りの先輩と出会った。駅までの途中なので当然とも言えるが、私が蕎麦を啜っている姿も何時何処で誰が見ているか分かったモンじゃあない、だからといって利益も不利益も出ないのだけれども。
さて、ここのところ激務(笑)でお疲れぎみなので自然派に春菊天を。サクッと香ばしいライトな部分と、シャキッとほろ苦いヘビーな部分が一度に味わえる秀逸な一品。そしてつゆとよく合うんだなまたこれが。
よし、これで明日からまた頑張れるぞ!と活力を手にして店を出る。が、明日はそういやぁ祝日だった。これも激務による疲れのせい、たぶん。
御馳走様でした。


ちくわ天そば(350円)

久し振りのこちら。そろそろ涼しくなってきたので温かい蕎麦が食べたい。ショウケースの中に並べられた色とりどりの美味しそうな天ぷらの中から、今日はちくわ天をチョイス。
ちくわ天はサクサクというわけでは無いのだけれども、衣まで美味くてジューシー、「80円にしてなかなかのボリュームがある。
今日のつゆはやや甘めでジワリとくる巧妙な鰹出汁。麺のほうは、タイミングの問題か茹で立ての箱根そばのような、丸めでぬめりとコシのあるもの。しっかりとした啜り応えがGood。
御馳走様でした。


つけ天そば(390円)

今日も遅くまで残って仕事をしており、疲れてお腹も空いたのでいつもの店へ。
この「つけ天」とは、熱いそばつゆに、天ぷらともりそばを付けて食べるというスタイルのもの。横浜が発祥と言われているご当地路麺だ。
熱々で濃厚なつゆに、シャキッとコシのある蕎麦と、今日は割としっかり目に揚がっている天ぷらを浸けて頂く。
ん~、濃厚なつゆがウマい!!つゆが冷たくなってしまうのが難点だけれども、確かにこれはいいかもなぁ。
御馳走様でした。
[1]  [2]  [3]  [4]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
23
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[03/03 bb]
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
最新トラックバック
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.