忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・日々酒に溺れる限界大学生Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。
 
ランチ5.黒酢の酢豚(500円)


JR石川町駅側の延平門を入ってすぐ。路麺を食べ歩いてBlogにしている小生意気な野郎が通っている(笑)市立M総合高校の裏手にあるのが、一部ではよく知られた名店、天龍菜館である。
かつては吹き曝しのガレージにテーブルとイスを置いて料理を供していたというが、今では改装され、それなりに店舗としての体裁を保っている。
ここのランチは500円でメインの料理のほか、ご飯、漬物、スープ、デザートが付く(それぞれお替り自由)。
このランチは常時決まった7~8種類の中から選ぶこととなっている。

「黒酢の酢豚」・・・カリッと揚がったジューシーな豚肉が絶品。ゴロゴロとした生に近いタマネギとピーマンが大量に入っていて苦戦した。
「ワンタンスープとチャーハン」・・・ワンタンスープは薄味だが美味い。チャーハンは無難な感じであった。両方ともフルサイズでお腹いっぱい。この場合、ご飯とスープは付かない。
「豚肉と野菜の炒め」・・・大振りの青梗菜をこれまでかというばかりに堪能できた。しっかりとした味付けでご飯が進む。



ランチ3.ワンタンスープとチャーハン(左)、ランチ8.時菜肉片(豚肉と野菜の炒め)(右)

壁にビッシリと貼られた手書きのメニュー、店に入ると無言で供される漬物(大根と人参の酢漬け、これがクセになる)とお茶。
初めのうちは戸惑わずに居られないが、じきにこの雰囲気の虜となってしまうのであった。


それに、徒歩40秒で行けるのですもの(笑)
御馳走様でした。
PR
一二三家(池辺町)
吉村家(岡野)

こちらも長く食べてるとはいえ、専門外なのでノーコメントで。

あ、どちらも美味しゅうございました。
みなとみらいにあるカップヌードルミュージアムに再び行ってきたのであるが、今回はここの4Fにある"ワールド麺ロード"なるフードコートで食事をした。こちらはその際の記である。



ラグマン<ハーフサイズ>(300円)

恥ずかしながら私もここで食べるまで一切知らなかったのであるが、中央アジアで食されている麺料理らしい。パンフレットではカザフスタンの料理とある。
我が国で食べられている物に例えるならば、うどんに良く似ている。塩気と弾力のある麺に、トマトで煮込まれた羊肉などの具が乗り、酸味と若干の辛味があった。どちらかと言えば私の好みの味である。

ハースサイズと記されている通り、一つの食事としては少ない。そこで私はもう一種類頂く事にした。

84b2733d.jpeg













蘭州牛肉麺<ハーフサイズ>(300円)

中国の黄河流域にある蘭州を発祥とする(らしい)この料理は、辛味のあるスープに煮込まれた牛肉の乗るラーメンである。散りばめられた香草も特徴のようだ。
これはかなり辛く、注意が必要である。しかし美味い。先日食べた刀削麺にも似たところがある。

他の料理としては、スパゲティ(伊)、トムヤムクン(泰)、フォー(越)、ラクサ(馬)、ミーゴレン(尼)、冷麺(韓)があった。機会があれば他にも食してみたいところである。
e265e7ed.jpegf7fc86e8.jpeg













小ラーメン(650円)

噂はかねがね聞きつつも、しり込みしてしまって・・・ようやくの初食。
病み上がりに行くにはキツかったかしら・・・?
ともかく、もう一度食べてみないと、この二郎という食べ物を理解出来ないかもな、と思った。


刀削麺ランチ1<牛バラ刀削麺>(750円)

先日に引き続き、授業で訪れたランチ。中華街大通りにある京華楼別館で刀削麺。
ランチではセットの他、4種の刀削麺が選べ(牛バラ、四川担々、五目、チャーシュー)、私は牛バラを選択。
少々辛口のスープに、実に柔らかで美味い牛肉がゴロゴロと浮かび、その下に刀削麺。
文字通り、小麦の塊を伸ばさずに包丁で削って鍋に放り込んで茹でるものである。押し出し製麺の機械も、網目状の穴を開けない代わりに回転歯でも付ければこうなるのではあるまいか。
これは実に旨かった。昼時にも関わらず30分近く待たされた甲斐があった(苦笑)


牛丼<大盛>(480円)

久し振りに吉牛へ行ってみた。地元の国道沿いにある店舗である。
以前他店舗でバイトしていたという彼女にいろいろ教えてもらいながら頂いた。
昼過ぎて煮詰まっていた事も相まってか、濃い味付けでなお一層美味かった。
わたくしもともと牛丼は好きなほうなので、満足でございやす。
とりあえず値段分の価値はあるのか!?とかくガッツリ喰って力つけないと、ね(笑)
時間丁度に3Fのロビーに各自集合し、正門を出でて店へとぞろぞろ歩く。
中国語の授業を行う高等学校は今時どこにでもあろうが、「中華街でランチを食べる授業」を行うのはウチだけに間違いない。何という話だ。

少しも経たずして、山下町公園に近い関帝廟通りの北京料理店「蓬莱閣」に到着。
2Fを貸し切る形で16名ほどの昼食。頂いたのは餃子のセットで¥750。
調べても食べたメニューが出てこないから、団体向けの特別な計らいだったのかもしれない。
これにはメインの餃子のほかにご飯、スープ、サラダ、デザートが付く。


まずは前菜。レタス、紫キャベツ、水菜のサラダ。シャキシャキでうまいです。

シンプルな味わいの卵スープも中華街に来た事を感じさせてくれる。

46999cba.jpeg






餃子二種。左が蒸し、右が焼き。

勿論全て私が食べた訳じゃありません。概ね一人5個ずつ各卓でシェアして頂いた。

蒸し餃子という物自体初めて頂いたのだが、モチモチっとした皮がイイ感じ。

焼き餃子は肉汁溢れるジューシーなもので、こちらも美味。

餡に味付けされている為、そのままでも十分不足なく食べれる。

ちなみにどちらもかなりの大きさで、相当のボリューム感である。

3e28d348.jpeg










こんもり盛られた白飯。しっかりと量があります。ちなみにお替り可。

fda4cb0b.jpeg








ラストは杏仁豆腐でさっぱりと。
私好みの固めで杏の風味が強い昔ながらのもの。

48d581ed.jpeg









御馳走様でした。
[1]  [2]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
22
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
[02/11 えっくす]
[09/17 ばかぼん]
[09/07 名無しのごん兵衛さん]
最新トラックバック
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.