忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。
 

かきあげそば(420円)

横浜市内では現在のところ唯一のロードサイド型ゆで太郎。駐車場はRooms大正堂と共用の形になっている。
新しい店舗のためか、見慣れた緑の樹脂製の丼ではなく焼き物の丼が使われていた。

PR
 

かけそば(300円)+野菜かき揚げ(150円)

第三京浜港北インター近くのコーナン港北インター店のフードコート棟「ジョワイユレスト」(建物はコーナンの裏手、ロピアと隣接)に入る味奈登庵。
かき揚げは以前と変わったのか、衣多め、しかしザクザクとかなりクリスピーな食感。オーソドッグスな具材に加え、さつまいも、かぼちゃが入るのは変わらずの特徴。
濃厚でコクのある(街ナカそば店のような)つゆはなかなか上等な味わいで、もりそばではパサつきがちな麺もモッチリといい食感・のど越し。ここのそば、「富士山もり」がフィーチャーされがちだけれども、「かけ」で食べるほうが美味しく感じるような。

それにしてもここのフードコートのラインナップを見てみると、味奈登庵(そば・うどん)、はなまるうどん(讃岐風うどん)、幸楽苑(中華そば)、ペッパーランチ(ステーキ、ハンバーグ)、いきなりステーキ(ステーキ)と麺と肉にかなり偏った出店内容なのが面白い。
両隣でアツアツの鉄板からのぼる湯気と肉の香り、焼ける音を感じながらたぐるそばはなかなか他所では食べられない。

 

かき揚げそば(520円)

最寄りと言える駅の無い陸の孤島栄区金井地区。ここには「荒井市場」という民営の市場があった…が2017年までに閉鎖され、現在は別棟の食堂と同敷地内のパチンコ店のみが残る。
市場らしい倉庫風建築の食堂の建物には同店含め4店舗が入り、飲食スペースは共同のフードコート風。「源太郎そば」の店名は市場運営会社の創業者に因むらしい。

お惣菜系のかき揚げはむき海老が幾つか。
麺が細打ちながら歯ごたえがしっかりしてソリッドな食感。なかなかない。

老朽化のためショッピングモール形式に再開発の予定があるそうだが、その時どうなるだろうか。

 

かき揚げそば(450円)

長らく路麺不毛の地(?)だった大口に少し前にオープンした店。駅東口の線路に面したマンションの1F。居酒屋営業も行っているようだ。
揚げたてで供されるかき揚げは衣中心タイプだがクリスピーで尖った食感。小海老が香ばしい。
生めんのそばはモチッとしたしっかりめの歯ごたえが目を見張る。

 

かけそば(290円)+特製かき揚げ(180円)

新横浜通り沿い。地下鉄片倉町駅からは少し離れているがむしろこの辺りのほうがサミットをはじめ店が多く賑やか。
店の前には由来となった(?)バス停「大丸(だいまる)」がある。

揚げたてのかき揚げは衣が非常にクリスピーでフライのような趣。むきエビが入っていて豪華なつくり。
ゆでたて生めんのそばも間違いのない食感とのど越し。

「たいやき」「かき氷」といったスイーツメニューがあるのが他にはない大きな特徴?

 

天ぷらそば(290円)

本牧ふ頭B・C突堤のB-7上屋内の一角にある横浜港湾厚生協会の波止場食堂。
独立した建物ではなく、立ち並ぶ他の上屋と同じ外観の中に擬態しているので見つけにくい。
波止場食堂はこの値段ながらしっかりと美味しいから嬉しい。

 

天ぷらそば(380円)

金沢工業地帯の大動脈国道357号から一本裏手に入った、工場とマンションが入り混じる一角で、ちょっと不思議な立地。惣菜やお弁当を販売する店先に椅子とテーブルが並ぶオープンスタイルで、県内ではこうした形態は珍しい。
かき揚げはたまねぎが主体、柔らかに揚げられた家庭的さがいい雰囲気。
これまた柔らかなゆで麺に、薄めの静かなつゆ…と思いきや、一口飲んでみるとカツオのコクがしっかりとしていて、つい最後まで飲み干してしまう。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
22
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[09/19 韓国 偽ブランド]
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
最新トラックバック
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.