忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



大海老上天丼(690円)※汁物付

今日はちょっとした所用で休日出校。
そしてランチはいつもの相州本店。
普段来ない休日に、普段食べないようなご飯モノを食べる。
最高額級メニューの海老天が乗っかった丼ぶりを。
サクフニャの衣で着太りした海老さんが二尾乗っかった豪華な見た目。
海老はプリっとして美味しい。オイリーな衣もさらなる食欲を促す。
単品ご飯ものに付く汁は、いつもの美味しいつゆをお湯で割った?ようなものでこれはワカメが入るが、いいアクセントにもなるしイイ感じ。
御馳走様でした!!
PR


冷し青ネギそば(420円)

風も少し涼しげになり始めた夕暮れ。今日は休みの日なのに、空腹とともに自然とここへ足が向く。
あんまし何を食べるか決めていなかったので、青ネギそばを。何と冷やしも出来るとのこと。
メニュー名に偽りは一切なく、正にたっぷりの青ネギが盛られた蕎麦は美しい。ネギマシマシである。
ピリっと辛味のあるネギとサクサクの天かす、それを麺に絡めて頂く。
丼に残っているこれらで、つゆまで全て飲み干せてしまう。
ネギ好きには至極堪らない一品で、実に美味かった。
しかしながら、大事な会合やデートの前は注意して。ガムやブレスケア用品は欠かさないようにしたい。口の中が大変なネギ畑になってしまうからだ。
御馳走様でした。


穴子天そば(360円)※通常460円

先日食べた際に見つけた「穴子天」の貼り紙。おぉ、ここでも穴子やってるんだなぁ。という事で、ちょうど100円引きのサービスデーがあったので食べてきました。かけ270円+穴子天1本190円-100円引き=360円。これはィ安い。穴子天の大きさを考量してか、大きい方の丼に盛られて供された。
サービスデーなので??麺は柔らかめ。つゆは、久しぶりに温かいほうを食べたので記憶が無いのだけれども、こんな味だったのかなぁ。大根の味がしっかりとするおろしを付けて、パクっと穴子天を頂く。ん~、ジュースィーでウマい。キス天に近い味かなぁ。
汗だくになりながらも、あっという間に完食。次は・・・あ、アジ天か??
御馳走様でした。


とろみ三昧そば(480円)+おにぎり<さけ>(100円)

今日は私の勘違いで昼食を抜かしてしまった。というのも、てっきり3コマやって正午で上がれると思っていたのだが、実際は何だかんだズレて、3限終了が14時。さらに友人の課題をちょいと見てやって、退校したのは16時半。フラフラと僅かな体力を使って住吉町へと向かう。
夕暮れの店内にお客の姿はまったく無く・・・、夏メニューを食べ損なうところだったので、今日は「とろみ三昧そば」を。空きっ腹を驚かせぬよう、ネバネバ系のとろみのあるつゆと具を慎重に流し込む。
奥から出してきた冷しそばはキンキンに冷えていて、粘り気がクーラーで疲れた体を優しく癒してくれる。
さて、おにぎりを三口ほどで頬張り、おや、いつの間にか漬物が緑の胡瓜(酸味系)に切り替わっている。
久し振りの訪問だったが、変わらぬ美味しさにちょっと感動。蒸し暑い夕暮れの街へ繰り出して行ったのだった。
御馳走様でした。


Aセット<かき揚げそば(冷し)+ご飯>(450円)

さて、今日もランチは相州そば本店へ。
今日はそうだなぁ、かき揚げ丼なんかが食べたい。意外と空いている店内に驚きつつ、かき揚げ丼と蕎麦のセットだから、「Aセットで冷しそば下さい。」、そして渡されたのはかき揚げが載ったもりそばと、ライス。
あちゃー、俺間違えちまった。ありゃぁBセットだったのねぇ。
どうせ全部制覇する心算だったから別にイイんだけど。
今日のかき揚げは割合しっかり揚がってるほうで、本店は天ぷらハズレは少ないようだ。
蕎麦も香り高くコシ強い文句なしの美味しさ。
ご飯は卓上の「胡瓜キューちゃん」で頂く。想像以上に量が多くてかなりの満腹感。
さて、今日も腹いっぱい、御馳走さんでした。(H23.8.26)


Cセット<冷しそば>(450円)

意外にも今日の関内はやや涼しく、半袖の腕をすり抜ける風がちょいとHotなモノを欲させる。
そんな時浮かんだのは”アレ”だった。
えぇ、という訳で何時もの相州そば本店、ランチ「Cセット」(ミニカレー+そば)を頂きます。
11時過ぎという事でまだ幾らか余裕のある店内、まずはアツアツのカレーから。
期待通りのあまり辛くない味がいいねぇ、辛いモンは苦手なんだけど、こういう味のカレーは実に好物。福神漬がたっぷり盛られているのも好印象。
そして蕎麦の方は、敢えて今更語るまいが、今日もコシたっぷりで見事。
漬物食べて、お冷飲んで、オッケー。
御馳走さんでした!!(Wrote;H23.8.18)



Dセット冷しそば(350円※通常450円)

今日のランチはコレしかない。何たって今日は15日、相州そばで100円引きにサービスデーが開催されるのだ。
もちろん正午近くは恐ろしく混雑するので、3Fで雑談して時間を潰してから向かう。不覚にもその間に惣菜パンを食べてしまったのだが。。。
そんな空腹を満たすのはサービスセットのD。これはたぬわかそばとおにぎり2つが付いて450円・・・という元々お得なセットが、今日は100円引きなので350円。スゴい!!
今日のおにぎりチョイスは・・・しゃけ&おかか。好みの昆布が無かったのはこの際何ら問題では無い。普段食べなれたコンビニおにぎりとはまた少し違った感じで美味しい。
そして「もりそば」でも蕎麦のうえにワカメ、つゆの器に揚げ玉と、ちゃんとタヌワカになっているのが微笑ましくもある。ちょっとつけ麺ふうの蕎麦はいつもよりかはややコシが弱め、きっと混雑を見越して多目に茹で置いているのだろう。
たっぷりお腹を満たして、シメは卓上の漬物。 御馳走様でした。

・・・あれ、またも根岸線が止まってるのだが??(Wrote;H23.8.4)※実食日とは異なります。

冷しとろろそば(420円)

蒸し暑い現代日本の夏。
やはりスルスルとカッ込める蕎麦は、湿気と熱気にヤられた我らの強い味方だ。
ことに、「とろろそば」なんてものは、その滑り気が一層爽やかさを増幅させる。
ここ「相州そば本店」の冷やしとろろは本格的にして良心的価格。器にはとろろとつゆのほか、刻み海苔と生卵までもが入っている。相州ならではのしっかり濃厚なつゆにつけてシャキッとコシも十分な蕎麦を啜れば、6限までの講座を受けて体力僅かな私に、なんとか帰宅する為の力を与えてくれたのであった。

御馳走様でした。(Wrote;H23.7.29)

3cf5199f.jpeg












冷したぬきそば(450円)

約週一で食べている相州そば本店。
これだけ暑ければやはり食べたくなる「冷やし系」。
天せいろよりも遥かに値が張る(参考までに:370円)冷したぬきそばを頂いてみました。
ワカメに胡瓜に紅ショウガ・・・ちょいと冷やし中華に似たニュアンスだ。これに金糸玉子も入れたくなってしまう。
冷たい汁と麺、具を絡めて頂くと清涼感がたっぷり。具だくさんで「汁まで飲める」、贅沢系冷したぬきそばでした。
御馳走さんです。(Wrote;H23.7.28)  


fcbb8a66.jpeg












ごぼう天そば(400円)

 最近お気に入りの相州そばの総本山。家系で言えば吉村家的なところであるその関内本店で、私の大好きなごぼ天の蕎麦を頂いてきた。
 いつ行っても賑わう店内、今日もこんな時間(で悪かったナァ)にも関わらず随分なお客の入りようで流石本店だと感心。天そばも冷やしも頂いたので、ここはひとつ、前から気になっていたごぼう天を。
 うん、素晴らしい。まず天ぷらだが、サクサク感こそあまり無いものの、牛蒡と人参の甘みとクセを全面に押し出したワイルドな風味で文句無い。もっと早くに試していればよかった。
 そしてつゆ。変わらない濃くて美味しい甘しょっぱさ。私的横浜近辺ビッグ3(他がどこかは禁則事項♡)の中でもこの“甘さ”が美味く表現されているのはここだけ。これがまた牛蒡の香りと合うんだなぁ~。
 最後に極め付けが麺。ここ最近なのか、初めて食べた時には無かったやたら強いコシがあり、本当に茹で麺か?と思っていたら、なんとここだけは生麺なのであった。太く長くコシのある野趣溢るる麺は冷やしのもりそば等で頂いても実にイイ。
 生憎きょうベイスターズは負けてしまい、その辺でカープファンがやたら騒いでいるのが目障りだったけど、この美味い蕎麦がそんな私の気分をちょっと晴らしてくれた気がする。
 御馳走様でした。(Wrote:H23.7.13)


4995940e.jpeg












天ぷらそば(370円)

 市役所からも程近い、中区住吉町の一角にある「相州そば」。どうやらここが本店らしいが、たしかに店の規模も大きい。
 頂いたは王道・天ぷらそば。クラシカルな標準的・天そばスタイルだが、非常につゆだく仕様。デフォルトがこうなのか、店員氏の愛情!?なのかは分からないが、暫くは丼が持てなかった。天は以前頂いた「三ツ境いしうす」のものと同じような感じ。麺は普通。つゆは鰹節の風味が強いように感じた。カウンターには七味などの他に、漬物も置かれていて自由に食べる事のできるようになっている。ご飯モノも多く取り扱う「相州」ならではの有難いサービスだ。私は蕎麦のみだがちょっと丼に取って頂いたが気分転換に美味しい味だった。どうもご馳走様でした。(Wrote:H22.11.16)

101102.JPG











ショーウインドーにヴィンちゃんとまりもっこりが
[1]  [2]  [3]  [4]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
23
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[03/03 bb]
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
最新トラックバック
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.