忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。


きつねそば(350円)

相変わらず体調の良くならぬ日々。少しでも活を入れようと、いつもより一駅長く電車に揺られた。
冷しメニューのボタンが無い事に、前回はいつだっただろうかと記憶を巡らせつつ、一方で目線は並ぶ温かいメニューのボタンの数々。
大方喰い尽くして、今日はきつねそば。そういえば一昨日だか喰った即席のきつねうどんは旨くなかった。
まず一口、まさにキツネのような好い色をしたお揚げにガブリ。甘く濃い汁が沁みだして美味である。
そして次につゆ。先ほどの甘みとは打って変わってガツンと来る醤油味。こちらも私を虜にさせた不変の美味いつゆ。
そこに適度なバサバサ感、啜り応え、ほのかな蕎麦の香。いつ食べても全てが素晴らしい。
御馳走様でした。
PR


冷しなめこおろしそば(420円)+いなり2個(120円)

まだまだ続く、夏の冷し日栄軒シリーズ。
なめこおろしそばと言えば、コンビニの冷やしそばではよく見かけるけれども、意外と路麺でそれを目にする事は少ない。原価率としてイマイチなのだろうか。
なめこのとろみ、おろしの辛味、力強い麺とつゆ。素晴らしい。
その全てをジュルリと啜ると、私の体内に何かが漲ってきた。
冷えたそばと、常温・・・を通り越してやや暖かい(笑)いなりの組合せ。イイネ。
御馳走様でした。


冷し穴子天そば(490円)

既にお馴染みの東神奈川駅ホーム・日栄軒。今年も冷しメニューが始まった。
蒸し暑い夕時、階段下の店を訪れると・・・あったあった、冷し穴子天そば。
おろしやネギ、柚子皮といった薬味と一緒に濃いつゆに浸けて頂く穴子天。ジュースィーで美味い。
このバサバサとした茹で麺がまた堪らない、つゆとの相性度は120%。
ところで、あのワサビを入れたタッパーとハーゲンダッツのスプーンはいつまで使い続けるのだろうか(笑)
御馳走様でした。


とろろそば(370円)

そしてまたまた訪れた日栄軒。いい加減ウンザリされてる読者さまも多いかと思うのだけれども、それだけに好きな味なのだ。どうかご容赦下さい。
今日はとろろそば。多くの場合は「山かけそば」という呼称を聞くように思うが、ここでは「とろろそば」。私の感覚では温かい山かけ、冷たいとろろ、というイメージが強い。
芋の粘り気によってより滑らかな麺をズルズルと啜る。すると、
う~ん、山芋の香りとつゆの香りが混じってより深いコクのある味わい、ウマい!
以上、これが私の初めて温かい「とろろ」を食べた際の記。
e3b0fd1e.JPG













御馳走様でした。


山菜そば(370円)

年明けて最初の訪問、やはり久し振りの日栄軒のそば。しかし変わらぬ味が私を温かく待っていた。
やはりビン詰の水煮のようなものであるが、シャキシャキッとした食感と、ほどよい塩分、そして色合い。
意外と路麺で出しているお店って、横浜では幾つかに限られているように思うのだけれども、こうして頂いてみると、その色味や食感といったバランスの良さに驚かされた。
もちろんそれは、啜っていて香りのよい麺、そしてしっかりと主張のあるつゆによって初めてもたらされるものと言えよう。
御馳走様でした。


いか天そば(390円)

今日も天気が悪く、歩かずに行ける店という事で、昼食はこちらへ。
穴子天もあったのだが、出来れば食べた事の無いメニューを食べてみたいと思い「いか天」をチョイス。
茶色系統で統一され色合い的には地味であるものの、やはり中央に腰を据えたいか天の堂々とした存在感はかなり大きなものだ。
早速ぱくりと噛みつくと、上手に噛み切れる事は無かったが、口中に広がるイカの旨味に他の何もかもを忘れてしまうほど。
今日は若干趣が違うながらも変わらず濃いつゆ、ズルズルと啜りやすい茹で麺、そしてこの天ぷら、どれを取っても間違いの無い立ち蕎麦の王道だ。
御馳走様でした。


穴子天そば(440円)

私の脳内定期巡回コースに従って、やって来た東神奈川・日栄軒。恐る恐る券売機を見ると・・・おぉ!あったあった。
という訳で、久し振りの感動の再会、穴子天そば。
今日もホーム一杯にイイ匂いを漂わせる濃厚なカエシ強めなつゆに穴子天を浸して齧り付く。醤油の香ばしさとジューシーな穴子の旨味が口中に広がる。あぁなんてオレは幸せなんだろうか。まだ情処室で仕事があるというのに鞄すら投げ出して電車に乗って来た甲斐があったというものだ。
この際、どうしても忘れがちになってしまうのが麺。しかしこの麺、決してこのマジで濃厚なつゆに負ける事無く、かといって一人浮足立って穴子天やつゆを邪魔する事無く、終始脇役に徹するその美しさ。ベテラン名脇役の俳優のような、そんな思わずホレてしまいそうなところがある。
御馳走様でした。
[1]  [2]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
22
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
[02/11 えっくす]
最新トラックバック
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 16
17 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.