忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。


かき揚げ天そば(370円)

駅北口、バスロータリーの一角にあるコンパクトなお店。珍しく小田急沿線外の出店だが、こちらは神奈中系列の神奈中システムプランというところがフランチャイズとして営業している。小田急グループだからこそ成せる技だが、折角なのだから県内にもう少し出店したらどうだろうか。現状、同社による出店はこの1店舗だけだ。
さて今回はお馴染みのかき揚げ天を。ここは券売機も小田急の箱そばとは違う機種を使っており、また、「かけそば回数券」も使えないので注意が必要だ。
麺は若干柔らかめ。つゆはやや薄口で出汁の風味が強い。かき揚げは少々オイリーだが、ザクザクっとした食感と野菜の甘みを楽しむ事ができる。
今冬の限定ご飯メニュー「冬の彩りご飯」は昨秋販売した「鮭いくらご飯」と同様のようだが、ここではストレートに「鮭いくらご飯」と券売機に表示。何だかなぁ。
御馳走様でした。(Wrote;H24.1.11)



豆腐一丁そば(420円)

今年も豆腐の夏がやって来た。
因みに去年は「えきめんや」の豆腐一丁、「濱そば」のだし豆腐の2つを食べただけで、ここでとうとう本家?「箱そば」の登場だ。
器を手渡されて数秒の沈黙、お決まりの見た目に圧倒されるタイムだ。
意を決して豆腐に箸を入れる。思いの外に柔らかく、おろし生姜と花鰹で豆腐をすんなり片す。「あ、簡単にイケるじゃん?」そう思ってはいけない。ここからが大変なのだから。
今まで豆腐の下に隠されていた蕎麦が露わになるとこれが結構な量である。もちろん箱の冷し蕎麦だから不味い訳が無く、いつもの美味しいつゆとコシのある蕎麦であるのだが、豆腐で満たされた腹にこれらを押し込むのはいつも通りにはいかない。しかしながら漢Kanapika、こんなところで敗北を喫する訳にはいかないのだ。そしてズルズルと蕎麦を啜り、見事平らげた。
御馳走様でした。(Wrote;H23.8.6)

※私の戦い部分に見苦しい誇張が見られますがご了承ください。因みに味の表現に関しては原文そのまま、という事で。

ところで、立ち蕎麦界でも、ラーメン二郎みたいな汚くて量の多い蕎麦を出す店があってもいいんじゃないか?「ワサビ入れますか?」「―タヌキワサビネギマシマシで!!」・・・ねーだろ。

このお店の地図
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
トラックバックURL :
[591]  [589]  [291]  [587]  [364]  [464]  [583]  [582]  [580]  [575]  [574]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
23
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[09/19 韓国 偽ブランド]
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
最新トラックバック
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.