忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・かつて新進気鋭の路麺愛好家学生であった(過去形)Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。
91843c60.jpeg











冷したぬきそば(360円)

夏と言えば冷したぬきである。
逆に言えば、私にとって冷したぬきこそ夏である。
灼熱の日差し、キンキンに冷えたつゆの浸みた天かす、ネギの辛味と滑らかな蕎麦。
生憎、そういった風情では無いのだけれども、一瞬の通り雨もまた私にとって夏らしいワンシーン。
いつもあじさいの蕎麦で思っていた事を、今日は初めて口に出してみた。つゆ多目をお願いしてみたのである。
結果はこの通りである。麺と具がひたひたと浸かる具合が素晴らしい。が、身体には良くないかもしれない。
ツルツルとした麺につゆと揚げ玉を絡めて頂く至高の時間。
ついには、よく冷えたつゆで揚げ玉の一つも残らず飲み干した。今年も夏がやって来る。(Wrote;H24.-6.23)
 

f12a8b86.jpeg










冷し山菜ちくわ天そば(540円)

今回はおおよそ1年振りのここ中山「濱そば」で今秋の季節メニューを「冷し券」でアレンジして頂く。
冷しにしたのだけれども、竹輪の天ぷらは揚げたてでアツアツ。サクサクッとした揚がり具合もなかなか良い。
それでいて下の蕎麦はシャキッと冷えていてとても心地が良い。ジュワッと熱い天ぷらとシャキッと冷たい蕎麦。こういうのが良いよなぁ。
御馳走様でした。(Wrote;H23.11.1)
かき揚げそば










かき揚げそば(360円)

 以前「冷しだし豆腐そば」を頂いた濱そば中山店、今回はこちらで先日頂いた「かき揚げそば」を紹介。
 実はここを始め、横浜線沿線の「あじさい」系列店舗では自家製のかき揚げを使用。これらは以前、自家製かき揚げがウリの「ラガール」という店だったので、「あじさい化」の時に自家製かき揚げだけが残された。というのは私の推測だ。その分ほかの店舗より20円ほど価格は高くなっているが、味は全然違う。こちらのほうが私は好きだ。特に今回は揚げたてに当たったので尚更美味さを感じた。サクサクとしていて店揚げ感を感じる外観。ただお陰で余計につゆの弱さが目立ってしまった。麺も強めのタイプだし、もうちょっと醤油の効いた濃いつゆが合うように感じるのだが、これではつゆが全然絡まないし。もうひと頑張り、期待したい。ご馳走様でした。
(Wrote:H22.11.11)

c804a260.jpeg











冷しだし豆腐そば(430円)

 お馴染、横浜線の中山駅、こちらの改札口前に「濱そば」という店舗がある。店名は異なっているが、メニューや価格など、実質的には同じNREが経営する“あじさい茶屋”と同じようだ。
 今回はその“あじさい”系列共通の季節メニューを今回は食してみた。
ずばり、「冷しだし豆腐そば」だ。
 これは、冷かけそばに木綿豆腐とその上から山形の郷土料理の一つである“だし”(きゅうり、しそ、昆布などを細かく刻んだもの)を載せたメニューだ。
 因みにこの“だし”というのは山形出身の身内の者に教えて頂いてスーパー等で買うが、しそやみょうがの香りが効いていて暑い夏にもサッパリとご飯がかっ込めてしまう。暑い季節の朝食にだしご飯、実にお奨めです。
 閑話休題、そのだし豆腐そばを頂きます。予想通り、とてもさっぱりとしていて美味しい。付属のれんげで木綿豆腐とだしを崩し、つゆに付けて頂くのがお勧め。細くコシのある冷えた麺も決して全体の雰囲気を崩さない。ただ、こういう食し方をするとあっという間につゆが無くなる。卓にカエシや醤油を置くとか、多めに入れるとかして貰いたいところだ。ところで通常の薬味は無かったが、ワサビは少し欲しいと思った。
 涼しげな夏メニュー、美味でした。ご馳走様!!
(UPDATE:2010/9.23)

このお店の地図
PR


もりそば(300円)+かき揚げ(150円)

先日訪れた「角丸」の交差点を挟んで対角線上の反対側に先日開かれた店である。
通りから入って正面に受け渡し口と、そこまでの壁沿いに立ち食いカウンターが伸びるシンプルな構造。
ここの店主は茹で立て・揚げたてに相当拘っていると見え、「どうしてもお急ぎのお客様にだけ茹で置き・揚げ置きのものを出します」との貼紙が見えた。
そうしたこだわりに感心しながら出来上がりを待っていると、大変お待たせしましたと申し訳なさそうに品を出された。
細めながらしっかりとしたコシのある麺は、店内に置かれていた番重から察するに八角のものらしい。流石茹で立てだけあって香りもまた良い。
つゆの方は他に置いてある冷かけ系メニューをも意識してなのか、以前の味奈登庵のような、出汁の鰹風味を前面に押し出した味であった。もう少しキリッとカエシの辛味を出しても良さそうだが、ここは好みの問題であろうか。
食券を渡してから揚げていたかき揚げもまた素晴らしい。箸で崩しながら塩を振って頂いたが、カリッとした衣と野菜の甘み、更には甘エビが2~3尾も入っていた。揚げたてにして胃にもたれる事も殆ど無く有難い。
大よそ薄利多売の立地商売と言われるこの業種で、注文後調理が果たして吉と出るか凶と出るかは知れぬが、出された蕎麦にこの店の拘りようが感じられた。


御馳走様でした。

このお店の地図


かきあげそば(380円)

鶴見駅前から京急線の高架下を北へ歩き、末吉大通りを二国の方へ向かった所にある店である。
丁度麺を茹でているらしく、ゆで太郎らしく広い店内で出来上がりを待った。
細くざらつく感じのある麺はこのチェーン独特のもので、こういう蕎麦を出す店はあまり無いように思う。
蕎麦らしい風味がよく感じられて私は嫌いではない。ただ、少し弱く手繰り難いのが珠にきず。
かき揚げもなかなか立派なものである。分厚く具沢山、揚げ置きなのでもたれる事も無い。どうも私の胃は天ぷら油に弱いようなので、これはまた嬉しい点だ。
甘めのつゆもまたゆで太郎らしい。なんだか久し振りに飲んだ気がする。チェーンが少ないからなぁ。
二人の男性店員は随分と静かで、しかし空いた店内にはこれで十分なように思え、太田町の店も少し見習って頂きたいものだと思った。
御馳走様でした。

このお店の地図


もりそば(360円)+甘えびのかき揚げ(130円)

伊勢佐木の横浜根岸道路沿いに最近開店したお店。
かけは260円だが、もりは麺が200gとの事で100円高いようだ。
天ぷらは多めの衣で海老と牛蒡、玉ねぎ、人参が固めてある。見た目に反してサクッとしていて悪くない。
麺はかなり色が濃いが、風味はそれほど強い訳では無い。プニプニとした食感からも分かる通り冷凍麺のようだ。
しかし、問題なのはつゆである。飲む事に耐えず、塩辛くて蕎麦の味も全く分からない。通はよく“つゆを少しだけ付けて”なんて事を語ったりもするが、そういう食べ方に適した辛汁とも少し違うものがある。
結果として蕎麦の味もよく分からず、ただセルフサービスの沢庵がとても旨かった事を最後に記しておく。
それから、同行した友人の味覚を信ずる事として、彼曰くかけつゆはそこそこ美味しいようだ。
93d6ff7a.jpegb15691ea.jpeg













御馳走様でした。

このお店の地図
5e504c32.jpeg

かき揚げそば(500円)

横浜駅。相鉄口から岡野交差点へ伸びる、その最も賑やかで雑然とした通りの一角に最近出来た店。名前は「立ちそばWARABI」。どこかのやたらとエラそうに書く立ち蕎麦ブログがそんな名前だったような気もするが、まぁいいか。
食券を買い店内へ入ると、シックな店内、メタリックのカウンター、ジョイナスのブティックで流れていそうなガンガンと鳴るBGMは、今時流行りのおしゃんてぃーなラーメン屋にありそうな風情である。
天ぷらは注文後揚げ。かなりしっかりと揚げてあるようで、サクリと食べると好い香ばしさが口中に広がる。
麺も同じく注文後の茹で上げ。香りもそこそこ、しっかりとしたコシがあって悪くない。
ただ、そんな中で、出汁の風味もあまり強くなく、甘めのつゆはどこか中途半端な印象。
なかなか斬新なお店で、今後どうなっていくかが気になるところではあるが、若者の多いこの界隈で果たしてこの値段がどこまで通用するものだろうか。
bc5b4fe5.jpeg













御馳走様でした。

このお店の地図


そば<ちくわ天>(340円)

根岸線磯子駅から徒歩2分、比較的近年建てられた庁舎は立派で美しい。(某M区、N区と比較しているつもりはありません、念の為。)
今日、磯子区民で無く、図書館に行きたい訳でもない私が何故ここに来たのかと言えば、7階の食堂が目当てなのである。
昼休みを過ぎた食堂は人影もまばらで、この悪天のせいかやたらと殺風景に見えた。
受け渡し口からよく見える調理風景から分かった冷凍麺。冷凍のレの字で嫌悪感を示す私だが、ここのはなかなか旨かった。透き通るような色の見た目はまさしくそれであるが、啜ってみると滑らかで、モチモチとしたやらしい食感も無く、生麺に限り無く近い素晴らしいものである。あぁ、私は反省した。冷凍麺が全て悪では無いのだ。
やや薄口の甘しょっぱいつゆは私好みで悪くない味。
食券機にはそば、うどん、とのみあり、トッピングは日替わりになるようだ。この日はちくわ天であったが、これについてさしあたって筆を取ろうとは思わない。
眼下には毎朝揺られている根岸線の蒼い電車、それからやや視線を上げると、幸浦まで出来上がった湾岸線(何時の話だ)。そして首を真っ直ぐに伸ばすと、くすんだ灰色の海があった。
御馳走様でした。

最後に付け加えると、食器の返却が面白く、また厄介だ。めいめい食べ終えた皿を水で流してから奥の水槽に浸け、箸、トレイとそれぞれ指定の場所へ置く。これも公共食堂ならではか、いや随分と指示が多いな。

このお店の地図


かき揚げそば(380円)

私が横須賀へ訪れた帰り、帰路の手段としては横須賀線を手配していたので、途中逗子にて降りて昼食を喰う事となった。
ここもれっきとした大船軒の支店ではあるが、もともと“あじさい茶屋”であった事、また現在同店もこの“あじさい”系列の配下となってる事もあり、どうもその雰囲気を強く醸し出している。
まず初めに麺であるが、あじさい麺をあじさい麺らしく調理したというか、プルプルとした弾力ばかりが目立つのは残念である。これも大船軒のつゆであるから何とかなろうものであるが。
甘みの強いつゆはここならではで、似た味というのは食べた記憶が無い。今日は食べなかったが、押し寿司と共に食べるのにも丁度良いような気がする。
天ぷらは固めの揚げ置き、まさかこれも北戸田製品なのだろうか。野菜の甘みと適度な油っ気があって、このつゆに解しながら頂くと悪くなかった。
受け渡し口横のケースには、使い捨てのプラ容器に入ったいなり寿司、貼られたシールには「日本エンタプライズ」と尾久か北戸田だったか、工場の住所。これでは手づくり感も情緒も何も無い。大船軒の看板を出して営業しているところで、これをそのまま手渡されたのでは遣る瀬無い。
6f39f54c.jpeg













御馳走様でした。

このお店の地図
[10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
24
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[03/03 bb]
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
最新トラックバック
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.