忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



かきあげそば(380円)

鶴見駅前から京急線の高架下を北へ歩き、末吉大通りを二国の方へ向かった所にある店である。
丁度麺を茹でているらしく、ゆで太郎らしく広い店内で出来上がりを待った。
細くざらつく感じのある麺はこのチェーン独特のもので、こういう蕎麦を出す店はあまり無いように思う。
蕎麦らしい風味がよく感じられて私は嫌いではない。ただ、少し弱く手繰り難いのが珠にきず。
かき揚げもなかなか立派なものである。分厚く具沢山、揚げ置きなのでもたれる事も無い。どうも私の胃は天ぷら油に弱いようなので、これはまた嬉しい点だ。
甘めのつゆもまたゆで太郎らしい。なんだか久し振りに飲んだ気がする。チェーンが少ないからなぁ。
二人の男性店員は随分と静かで、しかし空いた店内にはこれで十分なように思え、太田町の店も少し見習って頂きたいものだと思った。
御馳走様でした。

このお店の地図
PR


もりそば(360円)+甘えびのかき揚げ(130円)

伊勢佐木の横浜根岸道路沿いに最近開店したお店。
かけは260円だが、もりは麺が200gとの事で100円高いようだ。
天ぷらは多めの衣で海老と牛蒡、玉ねぎ、人参が固めてある。見た目に反してサクッとしていて悪くない。
麺はかなり色が濃いが、風味はそれほど強い訳では無い。プニプニとした食感からも分かる通り冷凍麺のようだ。
しかし、問題なのはつゆである。飲む事に耐えず、塩辛くて蕎麦の味も全く分からない。通はよく“つゆを少しだけ付けて”なんて事を語ったりもするが、そういう食べ方に適した辛汁とも少し違うものがある。
結果として蕎麦の味もよく分からず、ただセルフサービスの沢庵がとても旨かった事を最後に記しておく。
それから、同行した友人の味覚を信ずる事として、彼曰くかけつゆはそこそこ美味しいようだ。
93d6ff7a.jpegb15691ea.jpeg













御馳走様でした。

このお店の地図
5e504c32.jpeg

かき揚げそば(500円)

横浜駅。相鉄口から岡野交差点へ伸びる、その最も賑やかで雑然とした通りの一角に最近出来た店。名前は「立ちそばWARABI」。どこかのやたらとエラそうに書く立ち蕎麦ブログがそんな名前だったような気もするが、まぁいいか。
食券を買い店内へ入ると、シックな店内、メタリックのカウンター、ジョイナスのブティックで流れていそうなガンガンと鳴るBGMは、今時流行りのおしゃんてぃーなラーメン屋にありそうな風情である。
天ぷらは注文後揚げ。かなりしっかりと揚げてあるようで、サクリと食べると好い香ばしさが口中に広がる。
麺も同じく注文後の茹で上げ。香りもそこそこ、しっかりとしたコシがあって悪くない。
ただ、そんな中で、出汁の風味もあまり強くなく、甘めのつゆはどこか中途半端な印象。
なかなか斬新なお店で、今後どうなっていくかが気になるところではあるが、若者の多いこの界隈で果たしてこの値段がどこまで通用するものだろうか。
bc5b4fe5.jpeg













御馳走様でした。

このお店の地図


そば<ちくわ天>(340円)

根岸線磯子駅から徒歩2分、比較的近年建てられた庁舎は立派で美しい。(某M区、N区と比較しているつもりはありません、念の為。)
今日、磯子区民で無く、図書館に行きたい訳でもない私が何故ここに来たのかと言えば、7階の食堂が目当てなのである。
昼休みを過ぎた食堂は人影もまばらで、この悪天のせいかやたらと殺風景に見えた。
受け渡し口からよく見える調理風景から分かった冷凍麺。冷凍のレの字で嫌悪感を示す私だが、ここのはなかなか旨かった。透き通るような色の見た目はまさしくそれであるが、啜ってみると滑らかで、モチモチとしたやらしい食感も無く、生麺に限り無く近い素晴らしいものである。あぁ、私は反省した。冷凍麺が全て悪では無いのだ。
やや薄口の甘しょっぱいつゆは私好みで悪くない味。
食券機にはそば、うどん、とのみあり、トッピングは日替わりになるようだ。この日はちくわ天であったが、これについてさしあたって筆を取ろうとは思わない。
眼下には毎朝揺られている根岸線の蒼い電車、それからやや視線を上げると、幸浦まで出来上がった湾岸線(何時の話だ)。そして首を真っ直ぐに伸ばすと、くすんだ灰色の海があった。
御馳走様でした。

最後に付け加えると、食器の返却が面白く、また厄介だ。めいめい食べ終えた皿を水で流してから奥の水槽に浸け、箸、トレイとそれぞれ指定の場所へ置く。これも公共食堂ならではか、いや随分と指示が多いな。

このお店の地図


かき揚げそば(380円)

私が横須賀へ訪れた帰り、帰路の手段としては横須賀線を手配していたので、途中逗子にて降りて昼食を喰う事となった。
ここもれっきとした大船軒の支店ではあるが、もともと“あじさい茶屋”であった事、また現在同店もこの“あじさい”系列の配下となってる事もあり、どうもその雰囲気を強く醸し出している。
まず初めに麺であるが、あじさい麺をあじさい麺らしく調理したというか、プルプルとした弾力ばかりが目立つのは残念である。これも大船軒のつゆであるから何とかなろうものであるが。
甘みの強いつゆはここならではで、似た味というのは食べた記憶が無い。今日は食べなかったが、押し寿司と共に食べるのにも丁度良いような気がする。
天ぷらは固めの揚げ置き、まさかこれも北戸田製品なのだろうか。野菜の甘みと適度な油っ気があって、このつゆに解しながら頂くと悪くなかった。
受け渡し口横のケースには、使い捨てのプラ容器に入ったいなり寿司、貼られたシールには「日本エンタプライズ」と尾久か北戸田だったか、工場の住所。これでは手づくり感も情緒も何も無い。大船軒の看板を出して営業しているところで、これをそのまま手渡されたのでは遣る瀬無い。
6f39f54c.jpeg













御馳走様でした。

このお店の地図
44ac9352.jpeg










冷やしたぬきそば(380円)

こちらは久し振りの再訪である。そして、今年も冷したぬきの季節がやって来た。
昼時の混雑する店内、慌てふためく店のおばちゃんに不安を感じたものの、麺が柔らかい事もなく、つゆが多すぎることもなく、かくして一年振りの懐かしさと、新鮮さを与えてくれる一杯が出来上がった。
元来甘めの箱根のつゆであるが、冷やしでは尚更それが強く感じられる。
シャキシャキとした胡瓜の青味、海苔の香り、香ばしい揚げ玉と、この麺が絡み合って私に早すぎる初夏を伝えた。(Wrote;H24.-5.21)
御馳走様でした。
 

9a65ff90.jpeg










かき揚げ天そば(370円)

伊勢原、と言えば大山詣の玄関口。駅前に鎮座する立派な鳥居が何ともイイ雰囲気を醸し出す。
そんな伊勢原の駅構内にあるお馴染み箱根そば。
何だかんだでこのところ季節メニューばかり食べていたので久しぶりのかき揚げ天そば。
天ぷらがちょっと・・・揚げが甘いかな?衣が厚くてソフト、というちょっと食べるのが怖くなる食感だった。店揚げになると結局味にバラつきが出てしまうのは仕方無いのかねぇ。
ちょっと茹で麺っぽい食感の麺は私好みでしたが。茹で置くとこうなるのか、ちょっと箱そばらしくない感じの蕎麦も悪くないよね。
久しぶりの小春日和な暖かさに、上着を脱いでかきこんだ一杯でした。
ご馳走様!!(Wrote;H23.-6.-7)


このお店の地図


かき揚げ天そば(370円)

久し振りの、小田急沿線への出張である。
その帰りと言へば、やはり箱そばに向かうしかない。既に始まった酷暑の中、熱い天そばを喰らうには幾分か躊躇するものがあるが、私の尊敬する部長氏が同行してくださるとの事で、喜び勇んでイザ店内へと向かう。
かくして出来上がった変わらぬ眺めの一杯であるが、かき揚げは揚げたてとのこと。丼を持つ手が悦びで震える。
やはり普段の揚げ置きと比べると油っ気もそれなりに多く、非常に躍動的な感を覚える。つゆに溶かして勿体の無いことをせぬよう、また熱々の為に難儀しながら頂いた。
つゆは深い甘みと、ほのかな出汁の香り。かといって私のような辛党にも不足ない塩っ気である。やはり完成度が高い。
麺も茹で立てでシャキシャキ、啜るごとに香りが広がる。
ふと、我にかえって顔を上げると、幸せそうにざるそばを啜る部長の姿があった。
私は未だ嘗て、こんな美味しそうに路麺を食べる女子高生を見た事が無かった。
57758a80.jpeg













御馳走様でした。
[10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
23
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[03/03 bb]
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
最新トラックバック
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.