忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ミニカレーセット<そば>(450円)

再び雨の降りしきる今日、久し振りに訪れた天王町の相州そばでランチを頂く。
カレーはどの店で食べても味はさして変わらないようだ。馴染んだ好みの味である。
そして次に蕎麦へ。えぇと、食べる前に一つツッコミを入れようか。
また器が変わっているのである。それもしかも今度は益子ツタ。どこかに、このカラクリを解いてくれる方は居ないものだろうか。
支店特典なのか、かけではなくたぬき・わかめそば(西口鈴一ふうに言う“たぬわか”である)。
海老入りの香ばしい揚げ玉を、久し振りに啜る相州の茹で麺に絡めて頂く。鰹出汁の効いた、とても「らしい」、いい味のするつゆであった。やはり天王町店にはいつも期待してしまう。今日はアノ注文はヤメておきました。
御馳走様でした。(Wrote;H24.-3.28)

614037f0.jpeg














かき揚げ天うどん(360円)

前に食べてから未だ間もないのだが、ちょっと所用でここ天王町駅に降り立つ機会があったので・・・。
ついに私は例のフレーズを口にしてしまったのだ。
もちろん確かめた。しかし左右に中学校で国語を教えていそうな男は居ない。ならば大丈夫だろう。
しかし予想に反して何のツッコミも無く注文は通った。翌日話したところによればやはり前例があるというのが大きいのでは?、との事だった。だという事は私もこの浸透に協力した事になる。何てこった。
あぁ、殆どの読者さんはここに書いてある事がイミフだろう。申し訳ありません。今日だけガマンしてください。
御馳走様でした。饂飩も偶にはいいかもしれない。というか、今日はまた随分つゆが煮詰まっていたので蕎麦よりしょっぱさが無くて良かったように思う。(Wrote:H23.11.2)



ごぼう天そば(390円)

相鉄線天王町駅の改札を出たところにある、相州の支店では唯一の立ち食いオンリーの店。いかにも昔ながらの「駅の立ち食いそば」の雰囲気を出す外観に非常に惹かれる。もっともだからといって私は定期区間内だから大してそこに感動も無いのだけれども。
またも何だかんだで昼食を逃してしまい、ちょっと外出したついでに頂く。
ごぼう天はサクサク感こそ無いものの、ごぼうとにんじんのシャキシャキ、パリパリとした食感、そして牛蒡の深みと人参の甘みが広がるステキな味わいが楽しめる。
麺も滑らか。そしてまた今日のつゆは大変素晴らしい。ジワリとくる鰹出汁と甘みのあるカエシが絶妙なバランスで合わさっていて思わず最後まで完飲してしまう。
御馳走様でした。

あ、次食べる時はこう言うんだ、「天ぷらそばを、うどんで。」(99.3710%の方が理解できないネタでゴメンナサイ...)

1cff4a49.jpeg












かき揚げそば(360円)

震災から早一週間。相鉄線も本数を減らし、車内の電気を消しながら走る。街は徐々にだが元の姿に戻りつつあった。
そんなちょっとだけ様子の違う街の中、ひとつ変わらない場所があった。停められたエスカレータの横、薄暗い階段を下りていくと、何時ものように出汁と醤油のいい香りが漂って来た。
さて前置きが長くなったが、震災後初めての立ち蕎麦。復興へのメッセージを告げるAMラヂオを耳にしながら、変わらない蕎麦にホッとする。麺は割とボソボソとした感じで、天ぷらもそれに同じように、ちょっと水分が足りなく感じる雰囲気。同じメニューが店と時間によって随分変わるのが相州そばだ。
今こうして皆が励ましあって頑張る世の中、私もこの蕎麦から少しの元気を貰った気がした。

御馳走様でした。
<Wrote;H23.5.21>


d8cc9857.jpeg













冷し梅おろしうどん(430円)

 相鉄線天王町駅の改札を出てすぐ、右側。立ち食いカウンターのみのシンプルな形態の店である。
先日の記事で書いた“いしうす”の「冷し梅おろし」。同系列の相州そばでも発見した為これを注文。梅干しと言う事でうどんが合うかな・・・と珍しくうどんを選択。
 口頭で注文を(同系列はみな現金払いなのだ)すると、すぐに出来上がり。この速さもやはり駅そばの魅力だ。
 とろろ昆布(関西ではおぼろ昆布とも言う)、大根おろし、若布、そして中央に文字通り紅一点、種つきの梅干しが一つ。なかなか見た目にも豪華かつ涼しげだ。
 箸で梅干しを崩すと、つゆ全体に程よく梅の酸味が溶けて美味しい。大根おろしが荒削りと言うか、半ば削りきれてないのはご愛嬌か。とろろ昆布もよく合っている。
 430円と少々値が張るが、見た目にも美しい暑い夏に食べたい酸味系冷しメニューだ。ご馳走様!!
<Wrote H22.9.13>

このお店の地図

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
[634]  [465]  [630]  [629]  [615]  [247]  [317]  [466]  [359]  [614]  [619]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
23
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[03/03 bb]
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
最新トラックバック
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.