忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。
 

日替わりセット<芽かぶとろろそば>(480円)

みなとみらい線馬車道駅前、レンガ色が美しい昔の"キイケン"、現在の横浜第二合同庁舎であり、国の行政機関が入っている―今日はちょいと法務局に用務があり、その道すがら食堂で昼食を頂いた。
ここではそば・うどんには日替わりの具が乗るようだ。今日は「芽かぶとろろ」。
出汁の風味も微かに感じられる甘口のつゆは、めかぶ、とろろの混濁によってより印象が薄れてしまったのが残念で、例えば天ぷらが乗っているならば、またその感想も違うのかもしれない。
麺は冷凍麺。特段歯にくっつく感じがするだとか、そういう冷凍麺に有りがちな欠点は無く、適度な歯ごたえがいい。
御飯は胡麻と鮭が混ぜ込まれたもので、美味しそうなのであるが塩気が少ない。そこで、私は再び、このつゆを一口二口と飲みこむのであった。
ご馳走様でした。
PR


とうもろこし天そば(400円)

未食の季節メニューの中から、今回は"とうもろこし天"そばを頂いた。
午後の中途半端な時間ながらも店内は盛況で、そのため丁度茹でたての蕎麦に巡り合う事ができた。
天ぷらはいつぞやの紅しょうがの時と同様に、外側はカリッと、中はつゆに浸って柔らかく、二重食感。
さらには、トウモロコシの粒が弾けてその甘みとつゆの香りが口中に広がるのだ。
そして、読者も気づいたであろう細切れの赤いものの正体、確たる証拠は無いものの、どうもこれはカニ蒲鉾であろう。トウモロコシと共に散りばめられたこれによって、風味はより豊かなものになる。



かけそば(300円)+かき揚げ(150円)

環状3号線沿い。一見それとは分からぬ倉庫の中に、いつもの和風建築が隠れていた。
昼時とあってブルーカラー層と家族連れが入り混じって大層な賑わいである。
天ぷらの油分はかなり多いけれども、揚げ立てでアツアツ。ホクホクとしたさつまいもやたまねぎがふんだんに使われていて美味しい。箸で崩しながら少しずつ汁に、長く楽しめる。
蕎麦も相変わらず美味い。かけつゆで食べると独特のパサ付きも気にならない。
そして濃厚なつゆもまた良い。鰹の風味が芳醇で、つい飲み干したくなる味である。
そんな味に魅了されてか、気づけば表には行列が。私は余韻もほどほどに席を立つ事にした。



ご馳走様でした。


そば(400円)

横浜駅きた西口からすぐ、狸小路と呼ばれる飲み屋横丁の入口に面した居酒屋。ここで、ランチタイムにそば・うどんを供している。
茶碗盛りのミニカレー丼とセットで500円、そば・うどん単品では400円となる。殆どのお客はセットを頼んでいるようであるが、生憎カレーの得意でない私は蕎麦を味わう事に専念する事とした。
麺が見えぬほどに丼を埋め尽くす具材たち。揚げ玉、わかめ、とろろ、花鰹と豪華なものである。とくに鰹の塩気ととろろの滑らかな喉越しは良いアクセントだ。
麺は袋入りの茹で麺。其々の具材との関係は良好だ。
出汁はそれほど強くないけれども、ほどよい甘さのあるつゆが、各具材にさほど干渉せず好いバランスを保っているようだった。
喧噪の横浜西口にあっても、のれんの間からわずかに陽射しが差し込むだけの静かで不思議な空間。夜はまたどんな様子になるのだろう。
噂ではとんでもない勘定書が出てくるとも聞くけれども。一度来てみたいものだ。

御馳走様でした。


かき揚げ天そば(370円)

百合ヶ丘、閑静な住宅街という私の想像以上に賑やかな駅前の様子である。
これでは商売敵も多そうだなと余計な心配をしながらも、昼時の店内は大変混み合っていた。
ここでも店揚げの天ぷらはドライにサックリと。汁に浸した部分からとろりと溶けてゆく。
麺は茹で置き時間が長いのか、柔らかで茹で麺のような食感。いつもの箱そばの味覚ではある。
甘口のつゆ、ホッとする味。
いつもの味に癒されに、また今日も小田急沿線へ足を運んでしまう。
 

御馳走様でした。


かき揚げそば(340円)

JR石川町駅の西側、寿町・松陰町の一帯は、日雇労働者向けの簡易宿泊所が立ち並ぶことから俗に「ドヤ街」などと呼ばれ、ちょっと違った街の様子を見せている。
その中心となる労働センターの向かいに、一軒の路麺がある。器は使い捨てのもので、味気は無いが衛生的には感じられる。
フワフワとした食感の柔らかな茹麺。
そして、かなり甘く濃いつゆは他にない味である。
揚げ置きの天ぷらは春菊の緑が目に鮮やか。各自で載せる方式のネギと相まって随分と緑色が濃くなってしまった。
少し先、根岸線の通る線路の向こうには私の通学先(どうでもいい)、そして中華街が見え、日陰の街から見る日向の街は、かえって異様なものに見えた。
御馳走様でした。


天ぷらそば(280円)

日曜ともなれば、わずかな釣り客とバスマニアしか乗っていない市営バス109系統も、平日の今日はそこそこに賑わっていた。
「次は流通センター」のアナウンスにチャイムを押して車を降りれば、先日に引き続いての波止場食堂訪問である。
横浜港流通センター(Y-CC)の1・2階の一部分に食堂が入っており、そば・うどんを供する軽食コーナーは吹き抜けのロフトにあたる部分だ。
昼時で賑わう店内、学生服の身分としては肩身がせまく、隠れるようにして端っこで頂いた。
天ぷらは揚げ置きながらカラッと揚がっており、カリカリと食感の良い部分、つゆに沁みてとろけて美味しい部分、それぞれ楽しむことが出来る。
麺は冷凍麺ながらコシ、食感ともに最高の状態で、すべての冷凍麺がこうした状態で供されればと願いたいほど。ボリュームもなかなか。
つゆはやや甘口だが塩気に足りぬことはない。穏やかだが揺らぎない塩梅であった。
ふだん、バスの車窓から眺めた印象から無味乾燥のコンクリートアイランドと思い込んでいた大黒のふ頭であったけれども、ここにおいては随分な活気と人の血の通う温かさが感じられて心身が温まった。
御馳走様でした。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
22
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
[02/11 えっくす]
最新トラックバック
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 16
17 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.