忍者ブログ
にせきなこもちぶろぐ・・・働かずに飲む酒が美味い!会社イチ昼行燈の給料泥棒Kanapikaが、立ち食い蕎麦(路麺)についてたまーに何か書きます。


そば(250円)+かき揚げ(150円)

環状2号岸根交差点近く、ニトリ横のSANYUというパチ屋の前にある。店名はそこから取ったものと思われ、横浜マリン計画という謎な社名の弁当屋が経営。
環2に面した屋外に、駅そばよろしくポツンと厨房だけの小屋が建っており、レシートタイプの券売機で食券を購入する仕組み。
油の沁みた天ぷら。つゆに溶けて崩れてしまうが、この感覚もまた良い。
分かりやすい化調風味のつゆ。某JR系チェーンによく似た味で、この安っぽさは時として食べる者に郷愁を起こさせる。
乱切り風の茹で麺は滑らかで美味い。
3のつく日には100円分の金券をくれるという事で、何故かコマツストアーの商品券100円分を頂いた。
御馳走様でした。
PR


わかめそば(400円)

横浜市役所本庁舎の地下1階にある食堂。入口の券売機で食券を購入する仕組みだ。
これにしようと決めていたかき揚げが既に売切れであった為、わかめそばにする。
つゆは関東風・関西風選べるという細かなサービスがあった。これは公共食堂では珍しいかな。
麺は冷凍麺でまぁそれらしい味と食感。
甘口で塩気もあり、濃いつゆはまぁまぁいい感じ。
ふんだんに盛られたわかめ、そして何気にかまぼこが美味い。これは同行のキッカ君も感じていたようだ。
しかし、公共食堂にしてこの値段は如何なるものか、さすが横浜市の貧乏具合を今更感じさせてくれた一杯であった。
御馳走様でした。


天ぷらそば(500円)

都筑区総合庁舎の最上階にある食堂。
入口のレジで食券を購入して引き換える方式である。
ちょいと急いでいた事もありよく確認しなかったのだが、後からよく見たらこのほかにかき揚げそばもあるようだった。次はそちらを食べようかな。
小ぶりでサクッと揚がった海老天が一つ。さやえんどうやなるとも入って、高級感のある見た目。
つゆも甘口でコクがあり、やはり上品な味わいだった。
清潔感のある食堂は公共食堂らしくない雰囲気で、子連れや高齢者などの区民も多く利用しており、何ともニュータウンらしいなぁとも思った。

御馳走様でした。


かき揚げ天そば(360円)

25年1月29日オープン、相鉄線海老名駅ホームの相州そば。何を隠そう、ここはかつて「海老名そば」のあった場所を改装してオープンしたものだ。店のつくり自体はかつての面影を大きく残しており、実に懐かしいが、しかし改装されている分、清潔感ではかなりの差がある。
頂いたのは天そば。ざっと見る限り、店舗で調理されているものはほぼ無さそうだが、このスペースでは仕方があるまい。そういえば、海老名そば時代はどうだったであろうか。
サックリと、油切れ良くドライな天ぷらを食べつつ、滑らかで茹で麺らしさを強く感じられる麺を啜り、同時に出汁濃くガツンと迫力のあるつゆを飲む。
開店初日、渾身の1杯からは、今後に続く"いい予感"が存分に感じ取れて私は嬉しかった。


御馳走様でした。
 

ミニカレーセット(480円)

笠間口側の大船軒にて友人と昼食。彼には名物の鯵丼セットを勧めておきながら、自分はミニカレーとはどういう事だ。。。まぁ、あれは何度か喰った事があるので、今日は気分的にミニカレー。
しかし、この大船軒も今では完全に「あじさい茶屋」に変わってしまったように思う。
残るのはウリであるつゆだけ。が、しかし、そのつゆさえも・・・。(H25.-1.21)

6500c799.jpeg













天ぷらそば(380円)

これまた既にお馴染み、大船軒。
最初いつも通り某店に行こうとしたものの、この雨天の中歩く気になれず、そのまま逆方向の電車に乗って着いてしまった大船。
今日はその笠間口側のお店で天ぷらそばを頂く。
甘じょっぱいつゆは何時飲んでもいいねぇ!!プリプリした“自社製麺”なるあじさい麺を上手く生かしている良い事例だと思う。ただそんな麺とつゆの組み合わせの中でやや小ぶりな天ぷらは存在感が薄いような。。。
今日もご満悦で始発の横須賀線に乗り込んだKanapikaでした。
ごちそうさまでした。(H23.-7.24)

このお店の地図
 

みなとみらいにあるカップヌードルミュージアムに再び行ってきたのであるが、今回はここの4Fにある"ワールド麺ロード"なるフードコートで食事をした。こちらはその際の記である。



ラグマン<ハーフサイズ>(300円)

恥ずかしながら私もここで食べるまで一切知らなかったのであるが、中央アジアで食されている麺料理らしい。パンフレットではカザフスタンの料理とある。
我が国で食べられている物に例えるならば、うどんに良く似ている。塩気と弾力のある麺に、トマトで煮込まれた羊肉などの具が乗り、酸味と若干の辛味があった。どちらかと言えば私の好みの味である。

ハースサイズと記されている通り、一つの食事としては少ない。そこで私はもう一種類頂く事にした。

84b2733d.jpeg













蘭州牛肉麺<ハーフサイズ>(300円)

中国の黄河流域にある蘭州を発祥とする(らしい)この料理は、辛味のあるスープに煮込まれた牛肉の乗るラーメンである。散りばめられた香草も特徴のようだ。
これはかなり辛く、注意が必要である。しかし美味い。先日食べた刀削麺にも似たところがある。

他の料理としては、スパゲティ(伊)、トムヤムクン(泰)、フォー(越)、ラクサ(馬)、ミーゴレン(尼)、冷麺(韓)があった。機会があれば他にも食してみたいところである。
e265e7ed.jpegf7fc86e8.jpeg













小ラーメン(650円)

噂はかねがね聞きつつも、しり込みしてしまって・・・ようやくの初食。
病み上がりに行くにはキツかったかしら・・・?
ともかく、もう一度食べてみないと、この二郎という食べ物を理解出来ないかもな、と思った。
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [HOME]
ブログ内検索
「そば・うどん」カテゴリ 店舗名や最寄り駅から検索できます。
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
Kanapika(カナピカ)
年齢:
22
HP:
性別:
男性
誕生日:
1995/10/16
職業:
酒浸り
趣味:
徘徊
最新コメント
[05/22 びびび]
[05/01 pinsuke]
[03/22 ばかぼん]
[10/26 ばかぼん]
[02/11 えっくす]
最新トラックバック
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 偽キナコモチブログ ~Kanapika's わらび庵~. All Rights Reserved.